探偵 熊本 | 熊本県熊本市の熊本調査サービスセンターは浮気調査,不倫調査,ストーカー調査,等調査致します。

サイトマップ

突然「別居したい。」と言われた(浮気調査・所在調査)
2011年3月30日

夫また妻から突然「別居したい」と言われた 
このようなご相談はよくあります。

キーワードは「突然」。

今まで夫婦喧嘩はあるものの「離婚」や「別居」までは考えたことはなかった。

しかし、「突然」その時はやってきます。

その「突然」理由は 男性の場合

・仕事で疲れて帰ってくるのに、家の中が騒がしく気が休まらない。

・家でしなければならない仕事が増えたので、自分の部屋がほしい。

・お前の(妻の)●●●(例えば、ご飯を作らない。掃除をしない。)が嫌だから一緒に住めない。

・(同居の場合)妻の両親と折り合いが合わない



女性の場合

・好きな人が出来た。

・付き合っている人はいないけど、あなたのこと(夫のこと)が嫌いになったから。

・突然、何の前触れも、理由も無く家出する



そしてこの「突然の別居宣言」が与える印象は


どうもおかしい。。。。何か怪しい。。。


このような場合、調査をご依頼いただく殆どのケースで「不倫」しています。


こういったケースで当社が受調する場合には「浮気・不倫調査」でお受けします。

「不倫・浮気調査」だけではなく、

すでに家出した夫(妻)を探す「所在調査」をご依頼いただき、

結果不倫の事実を知ることとなります。

男性の場合、別居の理由を全て相手の非にし、自分はコソコソと浮気をしている場合が多いのです。

またこのケースでの問題点は、前記したように「別居理由」を全て相手の非にしたり、
仕事の多忙を理由にすることです。

相手方はそれを鵜呑みにして傷ついたり、
応援するつもりで別居を承諾してしまいます。

また女性の場合は、
露骨に「好きな人が出来た」と言い放つ場合や、
何も告げづに荷物をまとめて出て行った先が、
男性の部屋であるケースがほとんどです。

別居問題でお悩みの方、家出先が不明でお困りの方、当社が解決いたします。 是非一度ご相談下さい。

バレーボールでの出会い(浮気・不倫)
2011年3月25日

仕事帰りに「バレーボール」「バトミントン」「ジム」「サッカー」など体を動かしている人が増えていますね。 中でも「バレーボール」や「バトミントン」「サッカー」などは、職場のチームがあったり、地元でチームを作ったり、熊本県では盛んなスポーツです。 そんな爽やかなスポーツ事情の中、浮気に走ってしまう人は少なくありません。 当社にも同様の件でたくさんのご相談をお受けしています。

依頼者:妻42才 調査対象者:夫40才 子ども:2名(15才、12才)

勤務後に「バレーボール」を趣味に持つ夫は、週2回自宅付近の体育館へ向かい、
バレーを楽しんでいた。ところがここ半月ほど前から、
急に身なりを気にし始め、予定の時間よりも遅くバレーから帰宅するようになった。

さらに「バレーボール」の飲み会などといい、外出する頻度も増え始め、
不審に思った妻が同じバレーボール仲間に伺ってみたところ、
若い女性と親しくしているようだとの話を聞いた。
今回依頼者は離婚は考えておらず、夫が実際浮気しているか否かの為、
調査を依頼されました。

まずは1週間夫の動きを確認する「簡易調査」をスタート

※簡易調査とは1週間簡易的に対象者の動きをみます。まずは問題があるかどうか確認する低料金の調査コースで当社でもっとも依頼の多いコースです。

1日目
会社に出勤し、退勤後まっすぐ帰宅

2日目
帰宅後、自宅付近の体育館へ。「バレーボール」の練習終了予定の21時30分を過ぎても夫の使用車両は体育館駐車にある。23時過ぎに自宅へ帰宅

3日目
会社に出勤し、退勤後まっすぐ帰宅

4日目

帰宅後、「バレーの飲み会」といい外出。●●町にある某レンタルビデオ店駐車場に停車。
付近の100円パーキングへ移動しそのまま24時まで停車している状況であった。

5日目
帰宅後、自宅付近の体育館へ。「バレーボール」の練習後、
昨日停車していた100円パーキングへ移動。23時30分まで停車している

※当社が確認したところ、付近にはアパートが立ち並んでおり、
夫はいずれかのアパートに入室している可能性が高い

6日目
本日本人は休みであり、家族とともに同行

7日目
本日本人は休みであるも、15時単身で外出。●●町の某レンタルビデオ店駐車場に停車している。
19時本人は自宅へ帰宅した。上記調査結果を依頼者である妻に報告。

本人がよく進行している●●町付近が怪しいとの事で、

「簡易調査」→「不倫・浮気調査」へ移行し、証拠収集作業をスタート


作業3日目にして夫が同じ「バレーボール」チームの20代女性宅へ出入りしている
事実証拠を複数回撮影、さらに女性の内偵調査を行った結果、
女性の氏名が判明した。


依頼者である妻は夫の「バレーボール」の試合等に応援にいった事があり、
その情交相手女性とは会話を交わした面識のある女性だった。


その後、夫と女性と示談を行い、夫と女性が別れるということで解決したものの、
妻は女性を許すことが出来ず、現在女性に対して訴訟を申し立てている。

熊本調査サービスセンターのブログ開設しました!
2011年3月23日
ブログを開設しました。 これから、これまでの当社の調査事例や、調査探偵スタッフの日常などさまざまな記事をアップしていきます。 これからよろしくお願いいたします。
gototop