探偵 熊本 | 熊本県熊本市の熊本調査サービスセンターは浮気調査,不倫調査,ストーカー調査,等調査致します。

サイトマップ

増加傾向の妻の浮気
2011年10月28日

増加傾向の「妻の浮気」

奥様の行動をチェックしすぎて、嫌われてしまった・・・などの悲しい声もいただいています。

しかしなぜ執拗に行動をチェックするのか????

答え:奥様に不審な動きがある からではありませんか?


まず

●本当に浮気しているのか

を確かめることが重要です。

あまり疑いすぎて、逆に信用を無くしてしまう・・・といった最悪のケースに陥らないためにも

当社の提案する「前向きな調査」を入れられてはいかがでしょうか?


「前向きな調査」とは費用をなるべく抑え、不審な行動があるかないか確認するための調査です。

何もなければ、これ以上疑うことはありません。

しかし、何かあれば相手にきちんと話をつけなければ、

事は重大化するばかりです。

これまで沢山の調査事例がありますので、

ぜひ一度資料をご覧ください。

ご相談は無料です→0120-381-609

「疑いすぎ」「考えすぎ」「お前のそういう所が嫌」
2011年10月27日

営業職の夫

常に携帯電話が鳴っており、忙しい毎日

しかし、たまにしどろもどろ電話応対をしているように思える とお悩みのA様

A様とご主人は結婚4年目。お子さんはこれからとお考えでした。

そんな中夫は常に携帯電話を気にしており、電話の相手が誰か尋ねるも

「お客さん」の一言。

帰宅するのが深夜を過ぎることもあり、理由を尋ねると

「お客さんに捕まっていた。」とのこと

不審を持ったA様はご主人の携帯電話をチェックするとロックが・・・


ご主人とは何回もこの件で話し合いを行っているが、

「疑いすぎ」「考えすぎ」「お前のそういう所が嫌」と言われ真意がわからないとお悩み。

実際どのような状況なのか、調査で見極めることに。


夫(以下、本人)が仕事を終える時間帯に合わせ、調査を開始。

午後7時本人は営業先を訪れている様子である。

営業先を出た本人は職場へ戻らず、●●町方面へ進行、某マンション前にて停車している。

同マンションより女性が出ると、本人車両に乗車。

本人と女性が付近のレストランへ進行、二人が食事を終へ車内へ戻る。

本人車両は●●公園の駐車場に停車すると1時間ほど車内で過ごす。

女性をマンションへ送り、午後22時過ぎに帰宅した。

本人は「得意先で商談だった。」と話した。

別の日、本人は勤務を終え、先日のマンションへ向かう。

女性を乗車させ、レストランにて食事、その後ラブホテルへ進行した。

女性について精査したところ、20代半ばの独身女性で、週末繁華街へホステスとして出勤。

同飲食店にて女性と知り合ったものと思料される。

本人の動きを3週間に渡り確認した結果、週に1~2回程接触し、ホテル等の出入りも確認できた。


この事実を依頼者へ報告、依頼者はすぐに離婚したいとのこと。

当社より法律家をご紹介し、女性へ内容証明を発送。

すぐに家を出て、ご主人へ調停を申し立てた。

ご主人は「離婚したくない」と話したが、A様の気持ちはすでに固まっており、

半年間の調停にて離婚が成立した。

離婚内容:慰謝料100万円 財産分与 女性からの慰謝料80万


A様へ

この度はご依頼ありがとうございました。
最初にご来社頂いた時、お悩みで心身共に疲れていらしたので大変心配しました。
ご主人には「お前が悪い」と言われることで、マインドコントロールされていたと後日話されましたね。
当社としても、実際はA様の思い通り、やはりご主人の浮気が発覚して、
これでA様も意見が言える!と一緒になって喜んだことを思い出します。
実際はこれまで連れ添ってこられたご主人の不倫の事実証拠を実際目で見るのは
辛かっただろうと思います。
今回は婚姻年数が4年でしたので、多額の慰謝料は望めませんでしたが、
中でもよい条件が得られたのではないかと思っています。

A様の今後も応援しています!

 

 

心のモヤモヤ・不安は今年の間に解消しましょう!
2011年10月27日

おはようございます001_sun.gif

熊本調査サービスセンターです

 

今朝はずいぶんと冷え込み、冬の訪れを感じますね。

当社は今日もご依頼のお客様の為に調査を行っています。

年末へ向け非常にお問い合わせの多い時期がやってまいりました。


忘年会053_beer.gif・・・と言い飲み会が増えても疑われないと思い頻繁に外出する


クリスマス251_wine.gif・・・クリスマス当日、また前後に日時をずらして接触する


年末休暇183_snowboard.gif・・・連休中に時間を合わせて、またお正月に会えないので年明け前には接触


などイベントが重なります。


この時期に多いご依頼調査の内容として

例えば・・・12月●日(土)、12月●●日(金)飲み会の日を調査してください

12月20日~27日クリスマス付近を1週間調査してほしい

12月28日~31日まで妻が帰省するというが帰省先で何をしているか見てほしい

1月3日~5日間旅行へ行くので、夫の様子を見てほしい

※調査の内容は、お客様のご意向に沿って組み立てることが出来ます
(当社受件にも限りがございます。早めのご予約をお願いしております。)

 


なんとなくいつも不安だ
浮気しているのは分かっているけど、証拠がない
浮気されるのが不安で家を空けたくない
安心した毎日を送りたい


このような不安を「スッキリ・ハッキリ」させ、
私たちと一緒に新しい気持ちで年明けを迎えませんか?

 

まずはご相談から→24時間無料相談 0120-381-609

 

電話に出ない夫
2011年10月20日

夫の様子が変わった・・・とご相談のT様

T様は看護師であり日勤夜勤があり、ここ数年は夫ともすれ違いがちだったとのこと。

T様ご夫婦にはお子さんがいないため、現在2人暮らし。

ご主人は某会社に勤める40代のサラリーマン。

最近ご主人の帰りが遅くなり、電話を入れるも「仕事中だった。」の一言。

夜勤の時に電話をしても電話に出ることはなく「寝ていた。」というものの、

どこか怪しい気がするとのこと。

最近は喧嘩が増え、その度に「離婚しよう」と言いだす始末。

今回真実を知る為依頼をいただきました。



早速ご主人(以下、本人)の退勤時間に合わせ調査を開始。

本人は勤務先を出ると、●●町のアパートを訪れ、アパート駐車場で待機している。

同アパート103号室より女性が出て、本人車両へ乗車、二人は付近のレストランへ進行すると

1時間ほど食事を行った。その後アパートへ戻り、女性のみが下車、本人は女性とあいさつを交わし、自宅へ帰宅した。

翌日、依頼者である奥様が夜勤とのことで、退勤時間に合わせ調査を実施、

本人は退勤後、昨日訪れたアパートへ進行、再び女性が本人車用に乗車、

本人と女性は付近のコンビニへ向かうと、弁当などを購入、再びアパートへ戻ると本人も103号室へ入室した。

その後本人は午前6時までアパートに滞在、6時30分には自宅へ帰宅した状況であった。

女性についても精査したところ、本人と同じ職場のパート社員の女性であることが判明した。

その後の調べにより、本人は週のほとんどを同女性と過ごしており、本人と女性はかなり親密な仲であることが分かった。



本人は依頼者に対して強く離婚を望むようになり、依頼者の同意を求めた。

しかし本人は浮気の事実を一切認めず、性格が合わないことを理由に離婚を申し出た。

納得のいかない依頼者は当社の証拠資料をもとに調停を申し立て、夫の不貞行為が理由で離婚を成立、

和解金として夫に200万円、情交相手女性に100万円で和解した。

束縛しすぎる夫が実は・・・
2011年10月12日

夫から浮気を疑われているが、

本当は夫は浮気しているような気がする。

とご相談のE様。

E様はご主人から常に浮気チェックをされており、

行動も逐一報告。

実際には浮気はしていないと断言する依頼者。

しかし、夫からは毎日のように携帯電話をチェックされ、

空白の時間帯があると激怒するといいます。

そのような状況で喧嘩が絶えず、夫から執拗に束縛される毎日にうんざりしていると言います。

そんな中、先日、夫が携帯電話を忘れて会社へ出勤。

携帯電話を除いてみると「今日は楽しかったね。また会おうね。」などとのメールのやり取りがあった。

依頼者はびっくりし、夫には何も話していないが、

もしこれで浮気していたらすぐに離婚したいと相談を受けた。

ご夫婦には子どもさんはおらず、現在二人暮らし。

さっそく調査を開始する。

本日夫は仕事が休みであり、午前中より調査を開始、

夫は午前11時30頃自宅を出る。

夫は某公園の駐車場へ進行すると、携帯電を触っている。

夫はきょろきょろと周りを見渡していると、そこへ一台の軽車両が到着。

夫の方へ進行しお互い会釈をしている。

軽車両より20代前半の女性が下車し、本人車両に乗車。

しばらく二人で会話を行うと、公園を出てファーストフード店へ到着。

食事を終えた本人は公園へ戻り約2時間車内で過ごした。

その後本人は帰宅した。

翌日、仕事帰りの本人の様子を確認、本人はコンビニエンスストアへ立ち寄ると携帯電話を触っている。

約1時間ほど車内にて携帯を触っている。

その後、帰宅した。

翌日、本人は仕事帰りに某パチンコ店駐車場に停車している。

車内に本人の姿はない。3時間後、1台の普通車両が本人車両前へ到着、

本人が下車し、運転席の40代の女性に会釈、本人は夜22時過ぎに帰宅「残業だった」と話した。

この女性は先日接触した女性とは異なった。

別の日、本人は本日休日である。奥様は仕事のため、本人が昼ごろ外出、

某ショッピングモール駐車場に停車している。

いつものように車内で携帯電話を触っている本人。

本人車両の前を軽車両が数回通過する。

運転席の20代の女性が本人に窓越しに会釈し、近くに車両を駐車させる。

女性は本人車両に乗車し、約30分車内で話をしている。

本人車両が発進、二人はレンタルDVD店へ到着すると数本DVDを借りている。

その後本人は女性を乗車させラブホテルへ進行。

本人は夕方までその女性と過ごし帰宅した。

総括的な流れで、本人は「出会い系」にはまっているものと思料された。

複数の女性と出会い系サイトで連絡を取り合い、食事をし情交関係に至っていた。

この事実を依頼者へ報告。

依頼者はすぐに離婚します!と法律家へ同行しアドバイスを受けた。

依頼者は翌日には家を出て別居、夫からは執拗に連絡が入ると言います。

依頼者は調停を申し立て、当社の証拠をもとに「夫の不貞行為」を理由に離婚が成立した。

慰謝料200万円、財産分与なし


E様
今回は調査を入れていただき有難うございました。
ご相談の時から「どちらかと言うと浮気していた方がいい」というスタンスで来られたのでびっくりしましたが、
深くお話を聞いた所、ご主人の言動にも問題があったと思います。
そんな中、今回やはり不貞の事実がでて、私たちとしてもお力になれたと自負しています。
調停で少し時間がかかりましたが、無事離婚が成立してよかったと思います。
今後ともE様のご活躍応援しています。

 1 2 Next>>
gototop