探偵 熊本 | 熊本県熊本市の熊本調査サービスセンターは浮気調査,不倫調査,ストーカー調査,等調査致します。

サイトマップ

夫の不倫問題が解決するまで⑭
2012年11月29日

1週間の夫の不倫調査を実施中の40代主婦W様。

 

以前も同僚女性との間に不倫疑惑が起こり(前ブログに詳細)、ご主人と何度となく話し合

 

いを重ねたが、結局、ご主人が不倫を認めることはなかった。

 

 

調査を重ねるうちに、夫が「休日出勤」と話し家を出たところ、

同僚の女性と阿蘇の「家族温泉」に向かった事実が判明した。

 

 

 

夫にこれまでの不倫をはぐらかされてきたW様。

どうしても現場に行き、認めさせたいとの事で、現場に到着。


数十分後、助手席に不倫相手の同僚女性を乗せた夫の使用車両が、パチンコ店に到着。

不倫相手女性の車の隣に夫の使用車両が停車した。



W様が、夫の使用車両へ徒歩にて近づく。

夫の使用車両の助手席のドアを開けた。


夫が車両がから降りて、W様と話をしている。

女性は車に乗車したままである。

しばらくすると、夫がW様に頭を下げている。

不倫相手女性も車から降り、W様に頭を下げているようだ。

 

 

 

 

その後、W様に話を聞いたところ、夫は素直に不倫を認め、不倫相手女性も、その場で夫と別れる約束をしたとのことであった。

W様は「不倫相手女性に、次は会社と自宅へお邪魔しますからね。と釘をさしました。」とのこと。

さらに、「夫は今の所、真面目にしているようです。」「不倫相手女性は今月いっぱいで退職するみたいです。」

とのことであった。

W様は、「男と言うのは、本当にギリギリまで認めないものなんですね。やっと気持ちがスッキリしました!」と元気に戻られた。


 

おわり

結婚紹介所から紹介された彼
2012年11月29日

依頼者:さ え 様(仮名)女性 40才 公務員

対象者:洋 介(仮名)男性 42才 会社員

 

そろそろ本気で結婚をしたい!と考えていたさえ「さえさん」はこれまで、仕事に打ち込み、なかなか本気でお付き合いする男性と出会う機会がなく、「結婚相談所」に登録した。

そこで紹介されたのが「洋平」42才。実家暮らしと聞かされていた。

交際がスタートして半年、1週間〜2週間に1回のデートを重ねてきたが、さえさんの自宅が一人暮らしのマンションであるものの、洋平はなかなか宿泊していかない。

なかなか距離が縮まらない関係に、さえさんは不安を覚えていた。

時には、電話に出ない時があり、真剣に結婚を考えるさえさんは、洋平がどんな生活をしているのか、当社に調査を依頼した。

 

 

1週間に渡り、洋平の行動を確認、洋平は朝6時30分に自宅を出ると、午後21時過ぎに、自宅へ帰宅する多忙な毎日を送っていた。

洋平の自宅は大きく、数人で生活しているように思えたが、1点気になることが。

駐車場に幼児用の自転車が2台駐輪されていた。

不審に思った調査員がこの自宅について内偵調査を行った。

 

結果、洋平は既婚である事が判明した

洋平がさえさんと出会った半年前、洋平は独身であった。

しかし、兼ねてから交際していた女性(子持ち)と、数ヶ月前に結婚したとのことであった。

さえさんは何も聞かされず、未だ交際している状況であった。

 

 

(調査結果)

この事実を報告すると、さえさんはかなり落ち込んでいたが、「このまま結婚できたとしても、二股かける人だったと思うと、結婚する前に分かって良かったです。」と前向きに。

当社としても、さえさんのお人柄をみて、今後、絶対にもっといい人と出会えると信じています。

 

急に冷たくなり、顔つきまで変わった夫。浮気をしているのでは・・・
2012年11月29日

依頼者:孝 子 様(仮名)女性 38才 専業主婦

対象者:亮 太(仮名)男性 37才 会社員

 

 

結婚5年目、現在、不妊治療中の孝子さん38才。

夫である亮太はシステムエンジニアの技術職、孝子さんも同じ職場であったが、結婚を機に退職、なかなか子供に恵まれないものの、半年前には新築のマイホームを購入し、将来のため計画的に充実した日々を送っていた。

しかし、最近になり不妊治療に協力的ではあるも、関心を持たない亮太とけんかをする機会が増え、ふたりの関係はぎくしゃくしていた。

そんな中、3か月ほど前から、亮太の残業・飲み会が増え、帰宅時間が遅くなった。亮太の雰囲気も一変、自宅での顔つきが変わり、会話中に攻撃的な返答をするようになった。

不妊治療の件で喧嘩が多かったので、しばらく治療を先延ばし、二人の生活を修復しようと反省するも、亮太の機嫌は変わらず、冷たくなる一方であった。

孝子さんは、亮太の様子が変わったことが、不妊治療の一件だけではない気がすると感じ、亮太の携帯電話をのぞいてみるも、ロックがかかっており、中身を見ることができなかった。

当社へご相談の際には「離婚する気はまったくありません。」と話す孝子さん。

「怪しい動きがあるかないか、それだけ確認したい。」とのことで、まずは、1週間の簡易調査をご依頼いただきました。

 

 

1日目

午前8時20分頃、夫が勤務先へ出勤し、夕刻までは動きはない。

午後19時30分過ぎに、夫が勤務先を出ると、まっすぐ帰宅した。

 

 

2日目

本日、夫が残業であり、帰宅が遅くなると孝子さんに申告。退勤時を中心に確認する。

残業であるはずの夫が、午後19時には勤務先を発進、熊本市東区〇〇町方面へ進行し、コンビニエンスストアに停車している。

その後、夫の車両が、〇〇町にあるアパート付近に停車している。

夫は23時30分にアパートを出ると、24時前に帰宅した。

 

 

3日目〜4日目

「仕事が終わらないので今日も遅くなる。」と自宅を出た3日目、4日目。夫の動きはパターンが決まっているようであり、午後19時過ぎに勤務先を出ると、熊本市東区〇〇町のアパートへ向かい、24時までには帰宅する。

 

 

5日目

前日、夫と話をしたという孝子さん。

夫の方から「離婚」を申し出てきたとのこと。

 

夫があげる「離婚」理由

 

・お前とは性格が合わない

・自分の両親ともっと仲良くして欲しかった

・自宅を購入し、仕事を一層頑張っているのに、疑うような態度をとるところが気に入らない

・不妊治療含め、子作りを迫られプレッシャーに耐えられない

 

このような理由をあげ、「もうお前とはやっていけない。」と言い続けたとのこと。

孝子さんは、今後の為に調査の件は話さず、ぐっと我慢した。

 

※ご依頼を受けた調査は「簡易調査」であったが、離婚に向けて「証拠資料」を作って欲しいとの意向を受け、さらに調査を実施。

 

 

6日目

夫の退勤に合わせ、熊本市東区〇〇町のアパート付近にて、張り込みを開始する。

午後20時前、夫がアパートへ到着、駐車場の302枠に車を停めると、アパート3階へ。

夫はアパートの鍵を持っている様子で、302号室のドアを自ら開錠し、入室した。室内には灯りがついている。

夫がアパートを出る時間がいつもより遅い。

翌日の午前6時、302号室のドアが開く。ドアの向こうに手を振る女性の姿が確認できる。20代前半と思われる女性である。

夫は、使用車両にて自宅へ帰宅した。

 

※孝子さんより、この日夫が初めて外泊した、と連絡が入る。

 

 

7日目

本日から2日間夫は休みとのことだが、孝子さんと夫は口を聞いていないとのこと。

夫は当然のように今朝帰ってきた。

しかし、午前9時、夫はある程度の荷物をまとめ、再度、家を出た。

夫はその足で、女性の住むアパートへ向かい、302号室に入室した。

午後13時過ぎ、夫の車が、某ファミリーレストランに到着、助手席から女性が下車し、店内へ向かう。

食事を終えた二人が、ショッピングセンターへ進行、店内では、家具を選んでいる様子である。

夕方、スーパーへ立ち寄った二人が買い物を終え、再び、〇〇町のアパートへ帰宅した。

 

 

8日目

夫の使用車両は、終日アパート駐車場に停車しており、夫と女性が部屋から出る様子はない。

お昼前に、同アパートの302号室ベランダにて、夫と女性の姿が確認できた。

孝子さんに確認するも、夫からの連絡は一切ないとのこと。

 

9日目

早朝、夫が女性の自宅アパートより外出、女性も一緒に部屋を出る姿を確認する。

女性は事務服を着ており、同アパートの駐車場に停車している軽車両に乗車、夫は使用車両にて会社に出勤した。

同じく10分後、女性も夫と同じ勤務先に出勤した事実が判明、女性は夫の勤務する会社の事務員であった。

 

 

 

(調査結果)

その後も、夫から「性格の不一致」を理由に、調停を申し立てられた孝子さんであったが、当社の「証拠資料」をもとに、「夫の不貞行為が原因」で離婚することに応じ、離婚条件として、財産分与のほかに、慰謝料300万円、新築の自宅のローンは夫持ちとなった。

「離婚」になるとは思っていなかったと話す孝子さんであったが、調査が終了し、離婚が成立すると、「あのまま夫の言いなりで離婚しなくてよかった。」と話をしてくださった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30歳代女性のお客様
2012年11月18日

拡大

[Q1]
数多くの探偵事務所がある中当社を選んだ理由は?

[A1]
タウンページをみて

[Q2]
当社の仕事ぶり、対応はどうでしたか?

[A2]
丁寧で、まめに連絡もしてくれて良かったと思います。

[Q3]
調査前と調査後のお気持ちにどのような変化がありましたか?

[A3]
気持ち的にスッキリしました。

[Q4]
同じような悩みをかかえている人たちに、一言おねがいします!

[A4]
苦しいですけど乗り越えましょう。

 

 

(お客様へ)

調査前にお話した時は、かなり落ち込んでいらっしゃいましたが、現在は雰囲気も明るく変わられて、

私たちとしましても、ご協力できて良かったと実感しております。

今後、まだいくつかの課題が残っていますが、頑張って乗り越えていただけるように、これからも応援しています!

これからもよろしくお願いします。

50歳代女性のお客様
2012年11月17日

 

拡大

[Q1]
数多くの探偵事務所がある中当社を選んだ理由は?

[A1]
タウンページの最初のページだったので(県庁前)

[Q2]
当社の仕事ぶり、対応はどうでしたか?

[A2]
とてもよかったです。

[Q3]
調査前と調査後のお気持ちにどのような変化がありましたか?

[A3]
前向きに考えられるようになりました。

[Q4]
同じような悩みをかかえている人たちに、一言おねがいします!

[A4]
一人で考え込まないで相談する事が大事だと思いました。

 

(お客様へ) ご依頼有難うございました。調査期間中に色々とお話させていただきている中で、お人柄に触れることもでき、 どうにかこの問題を解決し、いつもの元気な方へ戻っていただけるように、私たちも一生懸命調査をさせていただきました。 調査が終了に差し掛かり、現実を受け止められ、前向きに考えが変わっていく姿をみて、ホッといたしました。 これからもっと良い方向へ行くように、応援しております!
gototop